テーブルの修理

未分類

今回はかなり大変手間の掛かる作業でした。

中天板を1コ製作していきます。

部材を加工していきます。

ここまではすぐにできました。

ここから大変な手間が掛かってしまいキャンセルしたくなりました。

こういう加工は専用の物がなく今ある工具でやるしかありませんでした。

裏側も忠実に再現します。

唐木の家具は基本的に木が硬いので加工が非常に困難です。

ここくらいまではまだ機械も使えたので何とか上手くできました。

ここから彫刻ですが彫刻は経験がないので先ずは彫刻刀を買いに走りました。

予算が無いので子どもたちが使うような彫刻刀で我慢します。

刃が良くないので彫刻する時間より研いでる時間の方が長いかもでした。

何とか形が出来てきました。

私が作った中天板を彼は受け入れてくれたようです。

いいです。

もっと一体化させる為再塗装しました。

ここまできて手は抜きたくありません。

彫ってる間何を彫っているのか全く分かっていませんでしたが完成してから梅と鶯やったと初めて気付きました。

無事に納品出来ました。

またやりたいとは思えないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました